2/10ページ

2/10ページ
  • 2018.04.17

選挙お礼とお詫び

平成30年4月15日実施千葉県議会議員山武市選挙区補欠選挙において立候補いたしましたが、力及ばず13,020票対6,513票という大差にて落選いたしました。 私に投票して下さった6,512名の皆様(1票は自分です)には、心よりお礼申し上げます。 しかしながら、投票して下さった皆様、ご支援いただいた皆様には結果を出すことが出来ず、大変申し訳ありませんでした。 公職選挙法で選挙後の挨拶行為は禁止されて […]

  • 2018.04.14

【コラム】人生は一期一会ではない

9日間の選挙戦がまもなく終わろうとしています。 今回の選挙は、出馬を決めてから告示まで僅か10日という、はじめから厳しい条件が分かりきっているものでした。 なので、選挙のための戦略や戦術などを考えたり実践したりすることは、初めから考えませんでした。 時間もなければお金もないので、他の候補者の皆さんのように立派な事務所や選挙カーを用意することも出来ませんでした。 しかし、気持ちで集まってきた方々がそ […]

  • 2018.04.14

【コラム】住民票のコンビニ交付サービス。1枚あたりの発行コストは?

山武市では数年前から、コンビニで住民票などの証明書を交付できるようになりました。しかも、市役所の窓口では300円の手数料が、コンビニでは200円と、お得なサービスとなっています。 そこで、一つクイズです。 山武市がコンビニで発行する証明書1枚当たりのコストはいくらでしょう? 計算は簡単です。1年間にシステムの運用にかかる経費を、1年間にコンビニで発行される証明書の枚数で割ればわかります。 これらの […]

  • 2018.04.13

【政策】小野崎候補の選挙公報解説

本日、4月15日に山武市で実施される3つの選挙の選挙公報が配布されました。 実は山武ジャーナルで全ての候補者の選挙公報解説をやろうと思っていたのですが、急遽私自身が立候補してしまったことから、予定を変更して対立候補の小野崎氏の選挙公報分析をやってみたいと思います。 「鈴木が感じ悪いことやってるよ」 とのご批判は甘んじて受ける覚悟です。でも、そこには自分自身が立候補するという大きなリスクを背負ってで […]

  • 2018.04.12

【コラム】小中学校統廃合の裏側

山武市で進められている小中学校統廃合計画について、市民の皆さんはどの様にお考えでしょうか。 山武市教育委員会の基本的な考え方は、「少人数学級は学習効果が上がらないので規模を適正化する必要がある」というものですが、県の教育委員会に確認したところそのような事実はなく、むしろ少人数学級が高い学習効果を発揮している事例も存在しているとのことでした。 山武市の進める統廃合計画は、「ファシリティー・マネジメン […]

  • 2018.04.11

【政策】人口減少の何が問題なのか?

今回山武市で実施される3つの選挙、市長選、市議補選、県会補選で、私を含むほとんどの候補者が、山武市の人口減少の問題を訴えています。 しかし、なぜ人口が減少するのが問題なのかということを説明している候補者は(私を含めて)、いないのではないでしょうか。 よく、人口減少が地域経済の疲弊を招いているという論調がありますが、これは正しくもあり、正しくありません。 もちろん、人口が増えれば経済成長に帰依するこ […]

  • 2018.04.10

【コラム】4年前の4月9日の出来事

今日は私が山武ジャーナルを始めようと考えたきっかけになる出来事について書きたいと思います。 4年前にも山武市では市長選挙が実施されました。投票日は4月20日でした。 選挙告示に先立ち、東金JC主催の立候補予定者の公開討論会が、4月9日午後7時にのぎくプラザで実施されました。 その際、椎名市長は「さんむ医療センターは何の問題もなく、黒字経営が続いています。なぜ、さんむ医療センターが選挙の争点になるの […]

  • 2018.04.09

【コラム】選挙とお金

「この辺は昔から金権選挙だから、当選するのはお金を使った順番だよ」 選挙の話題になった時、よくこんな話をする人がいます。嘘か本当か分かりませんが、「1万円札が入った茶封筒を配って回っていた」とか、「選挙のお陰でテレビを買い換えられた」などといった話をされる人もいました。 21世紀の日本で、まさか選挙で実弾が飛び交う状況は流石になくなったとは思いますが、それでも1,000円、2,000円という安い会 […]

  • 2018.04.08

【政策】さんむ医療センターについて

選挙戦2日目が終了しました。本日お会いして温かいお言葉を賜った市民の皆さん、本当にありがとうございました。 さて、昨日のコラムでは政策について触れていませんでしたので、今日は「さんむ医療センター」について私の考えをご説明させて頂きたいと思います。 3月29日に実施された東金JC主催の公開討論会では、両市長候補とも「さんむ医療センターを守ります」という主旨の発言をしていました。しかしながら、山武市の […]

  • 2018.04.06

【コラム】山武ジャーナル編集長、千葉県議補選に立候補

読者の皆さん、そして山武市民の皆さん。 山武ジャーナル編集長鈴木まさやは、この度千葉県議会議員補欠選挙に立候補いたしました。 私にとって、選挙に出るのは3年前の本選以来2度目です。 その2回とも、もし私が立候補しなければ「無投票」になっていました。 千葉県議会議員選挙は、山武市選挙区にかぎらず「無投票」の選挙区が少なくありません。前回、平成27年の選挙では46選挙区のうち3分の1を超える18選挙区 […]

1 2 10