山武市教委問題

1/3ページ
  • 2017.08.08

【オピニオン】山武市は五輪マネーと引き替えに生徒を犯罪や感染症のリスクに晒す、スリランカ青少年派遣事業を中止せよ

山武市は今年度(平成29年度)も青少年スリランカ派遣事業を実施した。 市内在住または市内の学校に在学する中学2年生、3年生、高校生を対象に10名の生徒をスリランカ国に派遣するこの事業は、平成27年にスタートして今回で3度目。 しかし、スリランカは外務省の海外安全ホームページでは、渡航にあたり特別な注意を必要とする「レベル1」の地域に指定されており、このことは昨年も山武ジャーナルで指摘の上、警鐘を鳴 […]

  • 2017.06.14

小中学校統廃合基本計画書に矛盾点。嘉瀬教育長は「整合性はとれている」と強弁

市内小中学校の統廃合を進める山武市教育委員会が、平成28年9月に策定した「山武市立小中学校の規模適正化・適正配置基本計画」に矛盾点があることが、平成29年6月13日の山武市議会定例会における八角公二市議の一般質問で明らかとなった。 矛盾点があったのは成東中学校と成東東中学校の統合についての記述で、同計画書3ページには2校の統合後の位置は「成東東中学校」と成東中学校を閉校して成東東中学校に統合するこ […]

  • 2017.05.03

【オピニオン】定数割れが常態の山武市教委・山武市は自ら定めた条例を守れ

平成29年第1回山武市議会定例会において、元千葉県教育長の清水新次氏を山武市教育委員に任命する人事案が可決された。 平成27年10月21日に1名の委員が辞任して以来、1年4ヶ月に渡り1名欠員の状態が続いていた山武市教育委員は、これでようやく定員を満たすこととなった。 ところが、その翌月3月23日の教育委員会会議において、1名の委員が辞任する議案が同意された。人事案件については秘密会で審議されるため […]

  • 2016.09.30

【悲報】山武市教委、小中学校統廃合計画を成案可決

山武市教育委員会は、平成28年9月29日の教育委員会会議定例会で、市内小中学校統廃合計画を成案可決した。 可決されたのは1月20日に可決した計画案の一部を修正したもので、主な修正点は蓮沼中学校の閉校を平成31年度としていたものを前期計画期間内(平成37年度)、平成34年度閉校としてた成東中学については平成32年度〜34年度「(予定)」した他、「税金の無駄遣い」との指摘が多い松尾小新築のため松尾中の […]

  • 2016.09.09

【オピニオン】「ニセ科学」信奉者は教育長をやってはいけない【山武市嘉瀬教育長】

山武ジャーナルではこれまで嘉瀬尚男山武市教育長が「波動水」の販売に関与している問題を様々な角度から批判してきたが、その中で「水を売って何が悪いのか」「高くても買う人がいるのなら問題ないのではないか」といった反論も少なからず寄せられている。 そういった反論に応える意味も含め、ここで改めてなぜ嘉瀬尚男氏が教育長として相応しくないかについて整理したい。 「波動の世界にいる自分」とは? 嘉瀬教育長はこれま […]

  • 2016.08.17

【備忘録】8月17日街頭演説会で紹介した嘉瀬教育長のブログ【証拠保全】

8月17日に山武市役所・教育委員会前で実施た街頭演説会の際に紹介した、嘉瀬教育長のブログを備忘録として掲載する。 例によって削除される可能性が高いので、同時にWEB魚拓も保存した。   2012年の記憶 2012年の記憶(WEB魚拓) 教育委員になった時の心情や、教育委員になった後にも波動水販売などを行う「潜在意識リーディング協会」の副理事長を務めていた事実も確認できる。   […]

  • 2016.08.16

【平成28年8月17日】山武市役所・教育委員会前で街頭演説会を開催

平成28年8月17日の教育委員会定例会開催に合わせて、山武ジャーナルは「統廃合の白紙撤回を求める会」などと連携し、山武市が進める小中学校統廃合計画の問題点などを訴える街頭演説会を企画しました。 時間は13:30頃から、場所は山武市役所交差点付近。 事前に山武警察署に道路使用許可を申請し、合法的に実施いたします。 山武ジャーナルとしては、これまでサイトに公開してきた事実に加え、未発表の内容もお話しす […]

  • 2016.08.15

【傍聴可】平成28年山武市教育委員会第8回定例会が8月17日に開催

山武市教育委員会平成28年第8回定例会が、8月17日14:00から山武市役所新館3階会議室において開催される。 同教委においては本年1月に、議決前の小中学校統廃合計画案を適法でない手続きで市内全域に配布したことが指摘されているが、3月17日の第3回定例会において事務方から 「8月の定例会あたりで8月に成案にしたいというぐらいのスケジュールで考えていきます」 と説明されており、各小中学校での説明会も […]

  • 2016.08.12

【山武市小中学校統廃合】市民の声、続々と

先般、蓮沼地区の住民らが蓮沼中学校閉校に反対する1126名の署名を提出したのに続き、成東地区でも反対の声が上がった。 「統廃合の白紙撤回を求める会」(代表:木下敬三氏)は、山武市の小中学校統廃合計画の白紙撤回を求め、署名活動と共に市内各所にのぼり旗を立てる活動を開始した。 代表の木下氏は「成東中学校をなくしたら、ますます人口が減って町が衰退する。私は大富地区に住んでいるが、中学校がなくなって子育て […]

  • 2016.07.03

【小中学校統廃合】山武市議、八角公二議会報告会に80名の市民が参加

平成28年7月2日、山武市成東中央公民館において開催された「八角公二議会報告会」に、およそ80名の市民が参集した。 現職の市議会議員単独の議会報告会開催は、山武市では初めての試みという。 説明会は八角市議がこれまで議会で追及した、計画案策定の不適切な手続きや、教育行政に市長が過度に介入している現状など、これまで2回に渡って発行された議会レポートの内容に沿って行われた。 八角公二議会レポート平成28 […]

1 3