【山武市小中学校統廃合】市民の声、続々と

白紙撤回

先般、蓮沼地区の住民らが蓮沼中学校閉校に反対する1126名の署名を提出したのに続き、成東地区でも反対の声が上がった。

「統廃合の白紙撤回を求める会」(代表:木下敬三氏)は、山武市の小中学校統廃合計画の白紙撤回を求め、署名活動と共に市内各所にのぼり旗を立てる活動を開始した。

代表の木下氏は「成東中学校をなくしたら、ますます人口が減って町が衰退する。私は大富地区に住んでいるが、中学校がなくなって子育て世代が出て行ってしまえば、将来は”大貧”地区になってしまう。この計画案はまだ決定したわけではないが、市民の皆さんが声を上げなければこのまま進んでしまう。市民の声が少しでも行政に届くよう、一人でも多くの山武市民の方にのぼり旗の掲示と署名に協力して頂きたい。」と語った。

のぼり旗希望:090−2723−1511(木下まで)

署名提出:ファックス0475−80−2661(署名簿は下記リンクからプリントアウト可)

白紙撤回署名 1のサムネイル

統廃合計画の白紙撤回を求める署名