【オピニオン】「ニセ科学」信奉者は教育長をやってはいけない【山武市嘉瀬教育長】

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示
トップスライドショウ水からの伝言

山武ジャーナルではこれまで嘉瀬尚男山武市教育長が「波動水」の販売に関与している問題を様々な角度から批判してきたが、その中で「水を売って何が悪いのか」「高くても買う人がいるのなら問題ないのではないか」といった反論も少なからず寄せられている。

そういった反論に応える意味も含め、ここで改めてなぜ嘉瀬尚男氏が教育長として相応しくないかについて整理したい。

「波動の世界にいる自分」とは?

嘉瀬教育長はこれまで自身に都合の悪い事実を指摘される度にWEBサイトやインターネット上の記述を削除してきたが、本日現在自身のブログ「カネスエのブログ」がインターネット上に存在している。「カネスエ」とは嘉瀬氏が平成26年まで代表を務め、現在は妻が代表を務めている企業であり、ブログ記事には嘉瀬氏自身の写真もアップされていることから嘉瀬氏自身のものであることに疑いない。

やあ~、久しぶりだなー。

ブログを書くのって、向いてないかも(´・ω・`)

つい気負いすぎて・・・書き損ねてしまう・・・  ←言い訳?(笑)

今年もあっという間に過ぎてしまい、2012年はどんな年だったのか振り返って見ます。

ん、ん、ん---前半の記憶があまり出てこないなぁ(・_・;)

とりあえず、今年のトピックを思いつくまま
7月から市の教育委員になったんですよね。 なんで私が??ってな感じでしたが受けることに!!

いじめ自殺問題が世間を騒がしている時で、教育委員会ってのは・・・・と眉をひそめていた矢先のことだけに複雑でしたが、波動の世界にいる自分に出来ることがあるのかもしれない! で、飛び込んじゃった。

長くなるので 詳しくは別の機会に

カネスエのブログ 2012年の記憶 2012年の記憶(WEB魚拓) より引用

嘉瀬氏は「2012年の記憶」として、自身が山武市の教育委員になった時の心境をこの様に述べており、当時教育委員になった動機が「波動の世界にいる自分に出来ることがあるのかもしれない!」と考えてのことだったとわかる。

「波動」についてはこれまで山武ジャーナルでも嘉瀬氏が21,000円の波動水の販売や、潜在意識リーディング協会の認定オペレーターであることなどを問題視してきたが、ここで嘉瀬氏本人がいうところの「波動の世界」についてブログの記述を元にもう少し掘り下げてみる。

先日、新宿ワシントンホテルにて ㈱IHMさんの創立25周年記念パーティーに出席してきました。

私が波動リーディングを始めたきっかけは、IHMさんの波動塾に参加したことでしたので 会場の入り口でみな

さんを出迎えていた江本先生には感謝の気持ちを込めてお祝いをのべさせて頂きました。

会場にはIHMの月刊誌に記事を連載されていた先生方も多くいらしていて、近くでお目にかかれただけで嬉しい時間を過ごしました。

そしてパーティーでの食事も美味しく、車で行った私はアルコール類は飲めないので食べ過ぎるほど沢山いただきました。

今年は初めて波動塾の講師をさせて頂き あらためて波動の理解を確認する時間をいただきました。

来年の予定もあるようなのでこれからもお手伝いさせて頂きたいと思います。

カネスエのブログ 新宿へ 新宿へ(WEB魚拓) より引用

ここで嘉勢氏は「波動リーディングを始めたきっかけは、IHMさんの波動塾に参加したこと」と述べている。

(株)IHMの波動塾がどのようなものか、同社のオフィシャルブログにその様子がアップされている。

I.H.M WORLD 波動塾基礎講座 vol.1 後編 レポート WEB魚拓

これは2011年10月に開催された波動塾だが、教育委員になる前の嘉瀬氏が「HADO-R」なる機器のオペレーターとして講義を行ったことが確認できる。

株式会社アイ・エイチ・エムオフィシャルブログ「I.H.M WORLD」より引用

「HADO-Rオペレーター嘉瀬尚男先生の講義です。」 株式会社アイ・エイチ・エムオフィシャルブログ「I.H.M WORLD」より引用

江本勝「水からの伝言」は、学会も警鐘を鳴らす「ニセ科学」

嘉瀬氏が「波動の世界にいる自分」とまで言い切る「波動」の世界とはどのようなものか。

嘉瀬氏が「波動」の世界に入るきっかけとなった(株)IHMの前代表である江本勝氏(1943年7月22日 – 2014年10月17日:享年71歳)は、自身の著書「水からの伝言」などで、「水によい言葉を見せるときれいな結晶ができ、悪い言葉を見せると結晶ができない」という説を唱えている。

1999年に初版が発行されたこの「水からの伝言」は、「世界初!!水の結晶写真集」と銘打たれている通り、多数の美しい氷の結晶の写真が掲載されており、自費出版ながらかなりの部数が販売されたという。

確かに写真そのものは大変美しいと認められるが、そこにある解説文については首を傾げるものばかりである。

日本各地の水道水については、大阪の交野市の水道水で結晶ができたのは水源が地下水だから、品川区の水道水は結晶ができないので良くないといった解説が付け加えられている。また、クラシックや韓国民謡のアリランを聴かせた水の結晶は美しく、ヘヴィーメタルや日本のヒット曲を聴かせた水は結晶にならない。紙に「ありがとう」「감사함니다」「Thank You」「愛・感謝」「魂」「天使」「マザー・テレサ」といった言葉を書いてボトルに巻きつけた水はきれいな結晶になり、「ばかやろう」「You Fool」「ムカツク・殺す」「鬼」「悪魔」「アドルフ・ヒトラー」だと結晶にならないといった解説が続く。

そして、初めのほうできれいな結晶ができなかった品川区の水道水に「波動情報」を転写するときれいな結晶ができたという記述も見られる。

 

雪の結晶は大気中の細かなチリなどに水蒸気が凝結し、気温や水蒸気量などの条件でさまざまな形状になることは、100年以上前に日本人の中谷宇吉郎氏の研究で明らかにされている。人工的に氷の結晶を作る場合も同様である。

参考サイト:中谷宇吉郎 雪の科学館(石川県加賀市) 雪の結晶(島津製作所)

参考文献:「雪」中谷宇吉郎(青空文庫)

「水からの伝言」には、結晶の撮影方法として「試料水を100個のシャーレに滴下し、冷凍庫に2時間入れておきます。できあがってくる結晶を捕え、顕微鏡を通じ、200〜500倍の倍率で撮影をします。」とあるが、そもそもいかに小さな水滴を落としたとしても水自体が結晶化するわけではなく、結晶ができるとすれば凍った水の一部が核となって冷蔵庫の中の空気中の水分子が結晶化するのだから、湧き水であろうと水道水であろうと関係ない。

まして、品川の水道水に「波動」を転写するときれいな結晶ができるなど、妄言以外の何物でもない。

そもそも、目も耳も脳も持たない単なる「水」が、人間の言葉や音楽を認識して形状を変化させるなどあり得ない。

日本物理学会は「水からの伝言」を、科学らしさを装った「ニセ科学」と断じて警鐘を鳴らしている。(注:山武ジャーナルではこれまで「エセ科学」「疑似科学」といった言葉も使用してきたが、同学会が「『ニセ科学』とどう向き合っていくか?」というシンポジウムを開催していたことから、以降は「ニセ科学」に統一する。)

嘉瀬氏はこの江本勝氏の「波動塾」をきっかけに「波動の世界」に入ったというのであれば、嘉瀬氏が「自分がいる」としている世界は「ニセ科学の世界」ということになる。そして、教育委員になった後も江本勝氏の言説に基づく「潜在意識リーディング協会」の副理事長を務め、「波動プラザカネスエ」で高価な波動水の販売や「認定オペレーター」として波動カウンセリングを行っていた。

嘉瀬氏(中央)と江本勝氏(右) 「カネスエのブログ」より引用

道徳教育に入り込む「ニセ科学」

「ニセ科学」は時に我々の生活に深く入り込んでくる。

古くは占星術や血液型性格診断などもそれらの一つであろう。最近ではマイナスイオン、ゲルマニウムやトルマリンの健康効果、血液サラサラ、ホメオパシー、スカラー波、EM菌、ゲーム脳、デトックスなどがニセ科学と指摘されている代表的なものである。

天体の運行を観測する「天文学」は立派な自然科学であることに間違いはないが、それが人の運勢にどの様に影響を及ぼすかということは科学的に証明されていない。つまり、占星術は「天文学」という「科学」で味付けされた「ニセ科学」であるといえる。

「ニセ科学」の重要なポイントは、「科学らしさ」を装うことに加え、人が「信じたい」あるいは「そうであって欲しい」と思うような結論が示されるということだろう。

テレビの星占いで「さそり座のあなたの運勢は急上昇。ラッキカラーは水色です。」などといわれれば悪い気はしないだろうし、何の根拠もないとわかっていても水色のネクタイを選んでしまうといった経験は誰にでもあるのではないだろうか。

「水からの伝言」でいえば、「湧き水は綺麗で水道水は汚い」「四万十川の水は綺麗で隅田川の水は汚い」「クラシックは良くてヘヴィメタは悪い」「マザー・テレサは良くてヒトラーは悪い」といった、多くの人が持っているであろう先入観や価値観に沿った結論を提示したことによって、それが結果的に「共感」につながり異例のベストセラーとなったと考えられる。

ただ、占星術が殆どの人によって本気で信ずるに値しないものであると認識されているのに対し、江本勝氏によって初めて示された「水からの伝言」は、不幸にも多くの人が「科学的事実」として受け入れてしまった。そして、それが学校教育の現場に深刻な問題を引き起こすこととなった。

TOSS(教育技術法則化運動)という教職員団体が、「水からの伝言」を根拠に「人体の大部分は水で出来ているから、人に悪い言葉を使ってはいけない」という主旨の道徳教材を作製し、これが実際に多くの教育現場で使用されてしまった。また、平成20年には「関東地区女性校長会」が江本氏を講演に招き、その後子供向けに製作された「水からの伝言」の絵本7,000冊が小学校を通じて子供たちに渡ってしまった。

たとえ「他人に対してよい言葉を使おう」という主旨が道徳教育に資するとしても、根拠となる「水からの伝言」が「ニセ科学」であれば、公立校で子供に教える内容として著しく不適切である。

当時各方面からこのような指摘が相次ぎ、テレビのワイドショウ「ミヤネ屋」でも取り上げられる問題となり、現在TOSSのサイトから「水からの伝言」の教材は削除されている。

「痛いテレビ跡地」より引用

「水からの伝言」の教材はTOSSという私的な教師サークルが製作したものだったが、残念ながら文科省が作製した道徳用教材に「江戸しぐさ」という一切歴史的な資料のない捏造歴史が採用されてしまった例もある。

「私たちの道徳 小学校5・6年」より引用

電車やバスの無い時代にこぶし1つ分の場所を開けて人が座れるスペースを作る「こぶしうかせ」が江戸時代の町人のマナーだったという江戸しぐさ。これだけでも眉に唾をつけて聞くべき話であることは理解できるだろう。

江戸しぐさの普及に務める「NPO法人江戸しぐさ」代表の越川禮子氏は、史料が一切残っていないのは明治政府が江戸しぐさ撲滅のために「江戸っ子狩り」という大虐殺を行ったからだという。これは歴史捏造の手法としてしばしばとられる論法である。

「A」という事実があったかどうかを議論する場合、「あった」とする側が証拠を提示するのが原則である。「なかった」証拠を提示することは殆どの場合不可能で、これは「悪魔の証明」とも呼ばれている。

中国による「いわゆる南京大虐殺」や、韓国と朝日新聞による「いわゆる従軍慰安婦」が正にこれと同じ手法で、日本側はつきつけられた「悪魔の証明」にまんまと嵌まり今日に至っている。

また、同NPOのHPには「平成23年度子どもゆめ基金助成事業」「平成22年度子どもゆめ基金助成事業」といった記述が認められ、確認できた限りでは平成23年度の「やってみよう!江戸しぐさ」というコンテンツの制作に、同基金から7,475,000円が交付されている。歴史を捏造して税金あるいはそれに近い性質の助成金をせしめようとするのも、「いわるゆ従軍慰安婦」と全く同じ図式である。

「江戸しぐさ」も「水からの伝言」と同様に、反論するのもバカバカしい与太話なのだが、現代社会のマナーとして好ましいということで多くの人の共感を得てしまい、結果として一部の人間に金銭的な利益を与えると共に、教科書に採用されるまでに至っている。

参考サイト

【著者インタビュー】虚偽で形づくられた「江戸しぐさ」の正体とは

「江戸しぐさ」はやめましょう。:何が問題か。なぜ広がったか。

関連書籍

 

ニセ科学から子供を守れ 〜ニセ科学が狂わせた倖田來未の人生〜

かつてJ-POP界の「歌姫」として頂点を極めていた倖田來未が、10年ほど前にテレビ番組の企画で高校生に授業を行った。

授業の内容は、

「Aのボトルには「すき」と書いて水を入れ、Bのボトルには「きらい」と書いて水を入れ、Aのボトルには毎日「好きやで」と語りかけて後日これを顕微鏡で見ると、Aの方はきれいな結晶ができ、Bの方はアオミドロみたいな汚い結晶ができる。人間の70%は水で出来ているから、芸能人が何できれいになるかというと、今日だって皆んなに「きれい」とか「かわいい」とか言ってもらっているように、普通の人より沢山「きれい」「かわいい」と言ってもらえるから。だから皆んなも自分に対して「ありがとう」といってあげたり、好きな人から「お前のこと愛してる」とか「好きやで」とか「お前が一番かわいい」とか言ってもらったりすると女の子は輝ける。」

という主旨で、江本勝氏の著書「水は答えを知っている」を元に、正に江本氏の言説をそのまま代弁したようなものだった。

この時の授業について、高校生たちの反応は決して悪いものではなかった。

しかし倖田來未はこの授業からおよそ1年半後、自身のラジオ番組での「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」という発言が炎上して大バッシングを受け、出演してたCMが放送中止になる事態にまで発展し、芸能活動自粛に追い込まれた。

その後、涙の謝罪会見を経て活動を再開したものの、「堕ちた歌姫」が最盛期の人気を取り戻すことは今日に至るまで叶っていない。

「ニセ科学」という観点からいえば、「水に『すき』と言葉をかけるときれいな結晶ができる」という話も「35歳を過ぎるとお母さんの羊水が腐る」という話も、どちらも同じ根拠の無い「ニセ科学」であるが、なぜ羊水の話だけが問題視されたのか。

そもそも倖田來未のこの発言は、結婚する女性マネージャーに対して「高齢出産はリスクが高くなるので、結婚したら早く子供を作ったほうがよい」というメッセージだったそうだ。

もし、倖田來未が「羊水が腐る」という「ニセ科学」を持ち出さず、素直に「高齢出産は母体へのリスクが高くなるので、早く子供を産んでください」といっていたら、問題視されることはなかったはすである。

倖田來未へのバッシングは「羊水が腐る」という根拠の無い「ニセ科学」を無責任に公共の電波に乗せて発言し、それが多くの人に不快感を持って伝わったことで発生したといえるのではないだろうか。

倖田來未は「ニセ科学」を披露したことにより信用を失い、こうして芸能界での地位を失ったのである。

では、なぜ同じ「ニセ科学」である水の授業は批判を受けなかったのだろうか。

それは前述した通り、多くの人が潜在的に「そうあって欲しい」と思う内容であることから、「水からの伝言」が教育現場に浸透していった様に、積極的な批判が起こりにくかったと考えられる。

この様に書くと「よいニセ科学」と「悪いニセ科学」があるような錯覚に陥るかもしれないが、ポイントはそこではない。

「ニセ科学」を広めることは、程度の差こそあれ確実にその人の信用を低下させることに繋がる。

私たちの周りには霊感商法、代替医療、マルチ商法、インチキ家電、サプリメント、健康食品など、様々な「ニセ科学」が蔓延し、これらが人生をも狂わす悲劇の舞台装置となることも珍しくない。

私たち大人が子供たちに教えなければならないのは、「ニセ科学」を根拠とした薄っぺらい道徳観などではなく、「ニセ科学」を「ニセ科学」と見抜けるリテラシーではないだろうか。

「水は答えを知っている」という「ニセ科学」を恥ずかしげもなくテレビで披露してしまった倖田來未に欠けていたのが正にこれで、「35歳を過ぎると羊水が腐る」という話を「ニセ科学」と判断できずにラジオで話してしまったことが、彼女の人生を狂わせてしまったのである。

子供たちがこれからの長い人生で「ニセ科学」を元にした悪徳商法に騙されて財産を失ったり、逆に自らそれに加担して大事な人間関係を崩壊させてしまったり、根拠の無い代替医療にすがって健康を損ねたり、寿命を縮めてしまうなどといった致命的な失敗を犯さなためにも、学校教育現場に「ニセ科学」を持ち込むことは決して許してはいけないのである。

教育委員会に求められる識見

平成25年の学習指導要領一部改正によって、小中学校で「道徳」が教科に格上げされ、検定教科書が導入されることになった。

小学校での平成30年の完全実施に向け、すでに数社が検定の申請を行ったことが報道されている。

これまで説明した「水からの伝言」「江戸しぐさ」という「ニセ科学」が道徳教育として学校教育の現場に入り込んでいった経緯を踏まえれば、同じ様に新しい教科書に何らかの「ニセ科学」が採用されてしまう可能性は決して否定出来ない。さらにいえば、自ら制作した教材に「江戸しぐさ」を採用してしまった文科省の検定も、「ニセ科学」を排除する機能を発揮しない可能性も同様である。

万が一、「ニセ科学」を含む道徳の教科書が検定を通過してしまったとしたとき、最も手前で教育現場に入り込むのを阻止できるのが、教科書の採択権を持つ各市町村の教育委員会なのである。

この様に教育委員会が子供たちの教育に対する責任は大変重く、そのため教育委員は地教行法で「人格が高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有するもの」であることが求められている。

その教育委員の代表たる教育長が、「波動水」という「ニセ科学」を広める立場の嘉瀬尚男氏であるということは、看過してよい問題ではないのである。

「ニセ科学」の信奉者で伝道者でもある嘉瀬氏が教育長であるかぎり、山武市の教育行政が市民の信頼を得ることは不可能ではないだろうか。

そして、このような人物を教育長に据えた椎名市長の責任もまた、今後厳しく問われるべきものである。

山武ジャーナルは何よりも毎日学校に通う子供たちのため、山武市の教育行政が一日も早く市民の信頼を得るに値するものに生まれ変わることを願い、今後も追及を続けていく。