山武市政

1/2ページ
  • 2020.07.07

【独占インタビュー】大川議長と八角委員長に聞く調査特別委員会

山武市議会は令和2年6月29日に招集された臨時議会において、会派市政会(会派長齋藤昌秀議員)の政務活動費について調査特別委員会を設置し、委員長に八角公二議員が指名された。 山武ジャーナルでは来る7月8日に開催される第1回調査特別委員会開催に先立つ7月6日、大川義男議長と八角公二委員長へ独占インタビューを実施した。 百条委員会見送りの経緯 山武ジャーナル(以下SJ)「まず初めに、この度設置されること […]

  • 2020.06.29

【速報】山武市議会、調査特別委員会設置。百条委員会は見送り

山武市議会は令和2年6月29日の臨時議会で、会派市政会の政務活動費に関する調査特別委員会設置した。 委員長は八角公二議員。 山武市議会では去る6月16日の本会議後に招集された全員協議会で、齋藤昌秀市議の政務活動費着服問題について、地方自治法第百条に定められたいわゆる「百条委員会」の設置を決めたが、後に「百条委員会の設置は考え違いだった」とする議員が大勢を占めた模様。 印刷用ページ

  • 2020.06.17

【齋藤昌秀市議政務活動費着服問題】山武市議会、百条委員会設置へ

山武市議会は令和2年6月16日、本会議終了後に招集された全員協議会において、齋藤昌秀市議による政務活動費の着服問題について、百条委員会を設置して調査する方針を全会一致で固めたことが、複数の議会関係者によって明らかとなった。 今後、速やかに招集される臨時議会で可決する見通し。百条委員会が正式に設置されれば、山武市議会では初となる。 百条委員会は地方自治法第百条に基づいて地方議会が設置する、強力な調査 […]

  • 2020.06.13

【独占スクープ】これが新聞残紙の実態だ!! 読売センター成東実録レポート【訂正版】

【お詫びと訂正】 本件記事をアップした後関係者の方より、読売新聞は一束60部との情報を頂きました。 当初は一束100部の計算で残紙数を推定していましたので、この情報を元に記事を訂正させていただきました。 読者の皆様にはお詫び申し上げます。 令和2年6月19日 山武市広報の折込事業を取り仕切る「山武市新聞折込組合」の代表で、読売センター成東を運営する(有)齋藤ニュースサービス(代表:齋藤逸朗)が、大 […]

  • 2020.06.11

【齋藤昌秀山武市議政務活動費着服問題】百条委員会設置で追及を!!

山武ジャーナルによる玉置議員への取材により、齋藤昌秀山武市議が政務活動費を着服していた問題が明るみとなった。 政務活動費は、議員活動に必要な経費として会派に対して所属議員の人数分が年初に振り込まれ、年度末の精算で使用しなかった分は市に返還しなければならない。 齋藤・玉置2議員の会派「市政会」では、「年初に割り当てられた330,000円を半分の165,000円ずつ分配し、それぞれの判断で使用してオー […]

  • 2020.06.07

齋藤昌秀山武市議、同僚議員の領収書で政務活動費を着服

齋藤昌秀山武市議が政務活動費で私物PCのパーツを購入していた問題について、会派市政会の出納責任者である玉美津恵市議に事情を聞いたところ、齋藤昌秀市議の信じ難い言動と実態が明らかとなった。   山武ジャーナル(以下SJ)「最終的に収支報告書をまとめて提出したのは、出納責任者の玉置議員だと思いますが、齋藤議員の領収書を見た時点で、SSDがどういうもので、どの様な使い方をするのかといった事は確 […]

  • 2020.06.04

齋藤昌秀山武市議、政務活動費で私物PCのパーツを購入

令和元年度の山武市議会各会派の政務活動費が、山武市HPで公表された。 政務活動費とは、議員の政務活動に必要な経費を条例に基づき各会派に支給されるもので、山武市のHPには次のように規定されている。 昨年度は選挙があったため、選挙月を除いて議員一人当たり165,000円が各会派に支給されていた。 (以下山武市HPより引用) 交付概要 概要詳細 交付対象 会派(所属議員が1人の場合を含む。) 交付額 議 […]

  • 2019.12.12

【コラム】私が浮気したのは、優しくしてくれないあなたのせいよ!!

今回はコラムというよりエッセー的な感覚です。 ここ1週間位の間に、山武ジャーナルに対して何人かの読者の方からご意見を頂戴しました。そういったご意見の中に、なにか共通点のようなものがあるような気がしましたので、この際小筆の考え方を山武ジャーナルWEB上にも表明させて頂こうと思います。 問:最近、広報誌の問題で齋藤ニュースサービス(読売センター成東)を叩いているけれど、それよりも山武ジャーナルとしては […]

  • 2019.12.03

【予備紙か?】山武市内新聞販売、年初から18%減【水増しか?】

山武市内の新聞販売数が平成31年初から3000部減少し、13,550部となっていることが広告代理店の資料などから分かった。 内訳は以下の通り 新聞名 販売部数 増減数(年初比) 増減率 読売新聞 8,200 −1,150 −12.3% 朝日新聞 3,200 −200 −5.88% 毎日新聞 600 −1,000 −62.50% 産経新聞 800 −600 −42.86% 東京新聞 300 0 0 […]

  • 2019.07.14

【コラム】データから読み解く欺瞞【山武市広報折込数過大申告疑惑】

山武ジャーナルが新聞折込で配布されている広報誌の折込数が過大ではないかと指摘して以来、各方面から様々な反応が寄せられています。当事者の齋藤NSと読売新聞からは「事実無根なので記事を取り消して謝罪文を掲載せよ」という趣旨の「抗議書」が相次いで届きました。 山武ジャーナルでは写真とデータに加え、自ら販売店を回って折込広告を出稿し、聞き取りを行うなどのフィールドワークを通じて、「山武市新聞折込組合が市に […]