• 2021.08.24

南郷小PTA 20年に渡り不正会計で裏金を捻出か?

山武市立南郷小学校PTAで、少なくとも20年に渡りバザーや運動会の出店売上などを、会計から除外して裏金として管理していたことが、同校の父兄の調べで分かった。 今回南郷小学校PTAの不正会計を告発している小川豊氏は、山武ジャーナルのインタビューのに次のように語った。 =====以下小川氏インタビュー===== 以前からPTA関連の懇親会の際、本部役員だけ会費が安かったり、会費の負担そのものが免除され […]

  • 2021.08.06

山武市、外国人19人の住民登録を抹消

山武市は令和3年7月30日、居住実態がないなどとしてスリランカ籍と見られる外国人19人の住民登録を消除した。 住民登録を消除された外国人は、山武市大木470番地1に在籍していた5人と、山武市大木473番地108に在籍していた14人の計19人。 一つの住所に大勢の住民登録があり、かつ郵便物不達など居住実態がなく、特に悪質なケースとして山武市が消除の判断したもの。 この19名の消除を受け、8月2日付の […]

  • 2021.07.24

【第1回】山武市公式YOUTUBEチャンネルが、色々アレなので突っ込んでみた

山武市が令和2年、民間調査会社による「全国魅力度ランキング」でワーストワンになったというニュースは、多くの山武市民に少なからず衝撃を与えました。 この調査に関しては、やはり都道府県で40位とされた群馬県の山本一太知事は調査方法などを検証し、「緻密さや信頼性に欠ける」などとして批判しました。 群馬県知事、魅力度ランク「北関東ばかり最下位不自然」 https://www.nikkei.com/arti […]

  • 2021.05.07

山武市、人口5万人割れ

令和3年5月1日現在の山武市の人口が5万人を割り込み、4万9,938人となった。 成東町、松尾町、山武町、蓮沼村の3町1村が平成18年に合併して山武市が誕生して今年で15年となるが、合併当時の6万143人から実に1万205人の人口が減少した。 合併前の松尾町の人口が約1万1,000人と考えると、合併後15年で旧松尾町の住民がほぼ全員何処かへ消えてしまった規模の急激な人口減少だ。 合併から3期12年 […]

  • 2021.04.24

アレオレ警察はじめます。

自分が一生懸命やった仕事の成果を、誰かに横取りされて嫌な思いをした経験は、誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか。 他人の成果を「アレ、オレがやったんだぜ」とあたかも自分がやったかのように吹聴する行為は、近年ネット上などで「アレオレ詐欺」と呼ばれています。 山武ジャーナルは、特に市議会議員などによる「あの政策は私がやった」と言った「アレオレ詐欺」を検証する、「アレオレ警察」をはじめることに致し […]

  • 2021.04.23

【山武市議会公明党】長谷部竜作議員のSNS書き込み検証【アレオレ◯欺?】

山武市議会議員長谷部竜作氏(公明党)は令和3年4月5日、自身のインスタグラムに次のような書き込みをアップした。 大切な情報が多く掲載されている「広報さんむ」が市内全世帯に配布される様になりました。 昨年6月、公明党が「一般質問に代わる緊急要望書」でお願いした全戸配布が、皆様のおかげで実現とされました。ありがとうございます。 5月には議会だよりも併せて配布されますので、是非お読み下さい。 長谷部竜作 […]

  • 2021.04.03

【編集長コラム】新聞折込を止めた山武市の英断、全国に広がるか?

山武市の広報紙「広報さんむ」の配布方法が、令和3年4月号から全戸ポスティングに変更され、4月1日には緑と白の帽子をかぶって自転車や徒歩で広報を配布しているシルバー人材センターの会員さんを、市内のあちこちで見かけるようになりました。 それまで山武市は「山武市新聞折込組合(代表:齋藤逸朗)」を通じて、新聞折込で広報紙と議会だよりを配布していましたが、組合の代表である齋藤逸朗氏が経営する「(有)齋藤ニュ […]

  • 2021.04.01

【弐阡陸百捌拾壱年四月一日:虚言節】教育委員長の男、ヤマタケ町水道に波導水混入

弐阡陸百捌拾壱年四月一日:虚言節 千葉県ヤマタケ郡ヤマタケ町で、不動産開発会社「日本海興業」が同町の「薩摩原団地」で運営する民間水道に、「波導水」が混入されていたことが、千葉県警超常事件捜査班の調べで分かった。 波導水を混入したのは、ヤマタケ町教育委員長で、日本海興業の元社員、片瀬政男容疑者(生年月日はヤマタケ町最高機密のため年齢不明)。 警察の調べに片瀬容疑者は「波導水を飲めば、病気が治ったり子 […]

  • 2021.03.16

【日向台水道問題】山武市水道課、民間企業の案内文書を民間企業の切手で送付

民間不動産開発会社「太平洋興発(株)」が運営する日向台団地の民間水道に係る説明会等の案内文書を、山武市水道課が同社から切手を受け取り、山武市の固定資産台帳に基づき当該地区の住民に4回に渡り送付していたことがわかった。 山武市水道課は、 「水道事業は太平洋興発と一体で行っている。同社の持つ顧客データは販売当時のもので、現在の土地所有者と必ずしも一致しておらず、市の持つ所有者データは個人情報保護の観点 […]

  • 2021.03.15

【日向台水道問題】山武市議会、常任委員会否決議案を本会議で可決

山武市議会は令和3年3月12日、経済建設常任員会で否決された2議案について、本会議で一転可決した。 議会には議長が任命する委員会が設置され、議案が上程されると議長は内容に応じて各委員会に付託し審議される。各委員会委員長は審議内容を本会議で全議員に報告し、その結果を受けて全議員で採決が行われる。 委員会での審議結果が本会議で覆されるのは、山武市議会においては極めて異例。 二つの議案は旧山武町地区の水 […]

1 14

アクセスランキング

カテゴリー別