10/10ページ

10/10ページ
  • 2015.09.04

共産党系市民団体「9条の会」の政治集会を自治体・教委・社協が後援

東金市、山武市、大網白里市、九十九里町と、各教育委員会、社会福祉協議会は、日本共産党系市民団体「東金地域・9条の会」主催の政治集会「第8回平和の集い」に後援し、平成27年8月29日に同集会は山武市立成東文化会館にて開催された。 山武ジャーナルによる事前のヒアリングにおいて、各自治体は「政治目的ではなく、あくまで平和のための集会」「過去にも実施しており、事前の申請内容、事後の報告共に問題が認められな […]

  • 2015.02.02

嘉瀬教育長の解職を求める陳情に対する審議内容

山武ジャーナルが平成26年9月17日に山武市教育委員会に提出した陳情の審議が、10月15日に開催された山武市教育委員会第10回定例回にて行われた。 審議の内容を会議録より転載する。 嘉瀬教育長:それでは、陳情に対する意見を述べさせていただく。まず、陳情の理由1、兼業・兼職についてである。同項の1行目、陳情に使用添付された登記簿上からは記載どおりであるが、教育長の任命を受けたことから、代表取締役を辞 […]

  • 2015.01.24

死亡事故発生から市長発表までの空白の3週間に、山武市で何が起こっていたのか?

さんむ医療センターで医療事故が発生したのが平成26年4月8日、その結果患者が死亡したのが同9日。 そして、椎名市長名で関係者に対してその報告が行われたのが、月明けの5月1日。 この3週間という空白の期間に山武市で何が起こっていたか、多くの山武市民にはピンとくるであろうが、平成26年4月20日は山武市長選挙の投票日であった。 先の市長選挙の最大の争点が、さんむ医療センターの移転建替問題であったことは […]

  • 2015.01.22

山武ジャーナルPR版を山武市内各小・中学校の校長先生・PTA会長様宛に郵送しました。

  山武ジャーナルのPR版を、山武市内各小・中学校の校長先生、PTA会長様宛に、本日1月22日に親展で郵送させて頂きました。 お目を通して頂ければ幸いです。 校長先生やPTA会長様は勿論、教育現場に携わられている方、子供を育てる親御様、備品の納入業者様を始め、沢山の皆様のご意見をお待ちしております。 投稿頂ける場合は、こちらのフォームからお願い致します。  

  • 2015.01.19

嘉瀬尚男教育長解職を求める陳情書を提出

    山武ジャーナルは平成26年9月17日、山武市教育委員会に対して嘉瀬尚男教育長の解職を求める陳情書を提出した。以下に陳情書の全文を掲載する。   平成26年9月17日提出 嘉瀬尚男教育長に関する陳情 山武市教育委員会 委員長      T.G 様 委員長職務代理者 K.O 様 委員       N.T 様 委員       Y.T 様 委員       K.O  […]

  • 2015.01.12

山武市新教育長はどの様な人物か?

平成26年6月、山武市合併前から教育長を務めていた金田氏に変わり、教育委員の中から嘉瀬尚男氏が新教育長に選出された。 地方教育行政組織運営法によれば、教育長の職務は ・教育委員会の指揮監督の下に、教育委員会の権限に属するすべての事務をつかさどる(第17条) ・教育委員会のすべての会議に出席し、議事について助言する(第17条) ・教育委員会の事務局について事務局の事務を統括し、所属の職員を指揮監督す […]

  • 2015.01.11

さんむ医療センターで医療事故が発生

平成26年5月8日の毎日新聞千葉版で、さんむ医療センターにおける死亡事故のニュースが掲載された。ローカルニュース故かネット版にはアップされた形跡はなく、市内の毎日新聞販売数は数百部と推定されるため、このニュースはほとんどの市民の目に触れることはなかった。 鎮痛剤過剰投与後に死亡 さんむ医療センター女性がん患者 先月上旬  山武市が出資する地方独立行政法人が運営する総合病院「さんむ医療センター」で4 […]

  • 2015.01.10

椎名市長の所信表明がやっぱり憲法違反な件

椎名千収山武市長が所信表明で地方自治に対する基本姿勢として示した「一定の条件を満たした一部の市民が直接市政の最終判断を下す。」という考え方が、法の下の平等を定めた日本国憲法第14条に違反しているという指摘をしたが、平成26年9月議会においても今関議員が本会議で直接椎名市長に対してこの件について質問した。 今関議員の質問主旨は以下の様なものだった。 1.「知識」と「情報」を持つという条件を備えた市民 […]

  • 2015.01.09

椎名市長の所信表明が憲法違反な件

平成26年4月の山武市長選挙において、新人の小川一馬元市議に対して561票の僅差で辛くも三選を果たした椎名千収山武市長であるが、平成26年6月5日議会で行った3期目の市政に対する所信表明の内容は耳を疑うものであった。 椎名市長が自ら「私の地方自治に関する基本姿勢」と表明した発言の主旨は以下の通りである。 1.市政の最終判断を下すのは市民 2.判断の結果責任は市民に帰する 3.判断を下せる市民には条 […]

1 10